プーケットしまかぜ案内人のシャングリラバンコク4泊5日滞在記 本文へジャンプ
 

プーケットしまかぜ案内人のプーライベイbyリッツカールトンリザーブド1日目


久々のクラビ旅行〜
今回の行き先は、前回泊まった
シェラトンクラビを通り過ぎ、
前々回宿泊したソフィテルポキースラを通り過ぎ、
走ることは約5分、さらにクラビの奥地にある
プーライベイbyリッツカールトンリザーブド
に宿泊しました。




決め手は、みなさんの口コミを見て決定!
非日常的な空間はどんなものかと実体験することになりました!





このエントランス、迫力があります!

一体ここはどこなの??
と思うほど異国の空間です。
初めてタイに来て、この空間に来てしまったら、
タイ=プーライベイになりますよね。




こちらはろーそくのスタンドです。
残念ながら、メンテナンス中で
夜の幻想的な景色は現在見れないとのことでした。




青空に栄えるパビリオンですね。




チェックイン時はまずこちらのパビリオンに案内されます。
ウェルカムドリンクとおしぼりを外国人ゲストリレーションが持ってきてくれます。
ドーンとドラを鳴らすと担当のバトラーさんがお迎えに来てくれます。





バトラーさんがホテル滞在を演出してくれるキーマンなのです。
全室、ヴィラまたはパビリオンといった個室タイプ
(正しくは1軒2部屋のセミダッチまたは、
1階と2階で客室が分かれています)
なので、移動時にはカートが必須なのです。
その他ターンダウンサービス等も担当バトラーさんの仕事で
ゲストのニーズに合わせて、レストランの座席手配をしたり、
滞在に関するすべての相談&演出を担当します。
今までバトラーサービスって利用したことがないので、
どう頼んでよいのかよくわからない!!っというのが正直なところでした。
頼むのは気が引けるというのが日本人的な率直な意見なのでしょうが、
どんどん頼んでよいのが本来の趣旨なんだと思います。
でも、ずうずうしくできないのが日本人ですよね、笑

こちらがvillaのエントランスです。




門をくぐると、
綺麗なvillaがありました。
な、なんとプール付きのvillaです!
これは贅沢!
そもそも、もっともスタンダードのお部屋を予約したのですが、
オーバーブッキングのため、
こちらのプライベートプール付きのお部屋にアップグレードしてもらえ、
ラッキーでした。





プールのはしから見ると、この長さ!
チビもプールだ!!っと大はしゃぎでした。
が、私たちがプール付きの部屋を選んだのではなく、
ホテルの計らいでこの部屋になったのです。
っとチビに念押し!
次回もこの部屋に泊まりたいとチビに指定されたら痛いなぁ〜
っと思いつつ、ヤッターの一言です!





基本的にチェックインも客室で行います。
こちらが担当のTeeさん。
実は彼、日本語話せるんです〜
最初は全く知らず、
滞在中にトリップアドバイザーを見ていたら
日本語の話せるTeeさんって紹介されていて気づきました。
なので、チェックイン時のやり取りは英語です。




こちらがベッドです!
キングサイズ2つ分の大きさなんです。
これぞまさしく真キングサイズ!
アラブの王様はこんなベッドで寝ているのでしょうか??
部屋の紹介をしたいのですが、
とっても長くなるので、まずは概要だけ。




こちらが最も奥のスペースとなっていて、
屋外にジャグジーがあります。
室内のダブルシンクからジャグジーが見える構造になっています。





とにかくお腹がすいたので、
簡単なホテル散策とお昼を食べに出かけました。
こちらがビーチエリア。
海水浴といったビーチではありませんが、プライベートビーチでとても静かです。




サンセットバーは
いつでもカクテルをいただけるようになっています。
夕方はこちらに象さんが来るそうです。




プールサイドまで到着。
とても広いプールですが、
プライベートプールがついている部屋も多く、
とても静かなプール。
大きなプールもほぼ貸し切り状態です。





クラビの切り立った岩&海が見える絶景な場所に
ホテルはあります。プーケットとは全く違った景色で
眺めていて楽しいです。




子供用プールもあります。




プールサイドのレストランでいただきました。
食事をオーダーすると出てくるかにのおせんべい。
ピリ辛のタレをつけていただきます。




カラフルなジュースは南国気分全開にさせてくれます。




こちらの料理はなんだかわかりますか???
そう、シーザーサラダ+チキンです。
メインは真ん中のシーザーサラダです。

カリカリのチーズがおいしく、大変おいしくいただきました。




ピザも薄焼きでおいしかったです。
チビもおいしいともりもり食べていました。




こちらはクラブサンドウィッチです。
なんかホテルでいただくクラブサンドっておいしいんですよね。
でもその通り、お値段はランチだけで約1万円です。




夕方、お待ちかねの子象さんです。
毎日来るわけではなく、
週ごとにスケジュールが組まれているので、
チェックイン時にバトラーさんに確認してください。





スタッフが小象用のバナナをくれます。
象さんはバナナが大好きなので、大喜び。みんなが集まると、
簡単なショーを披露してくれ、みんなの人気者です。




この夕日、きれいですよね。
タイの夕陽のなかでも、雲がある日はより幻想的になり好きなんです。





夕飯はタイレストランでいただくことにしました。
こちらのサラは後日結婚式で利用されていました。
こんな素敵な場所でのウェディングは素敵ですね。





夕焼けに変わっていく景色は最高です。
プライベート感たっぷりのリゾートなので、
この景色を見るとハネムーンにおすすめのリゾートです。




本日のディナーはタイ料理レストランへ行きます。




雰囲気はとても良いのですが、
照明が暗めなので、写真が難しいです。
こちらは付け合わせのチップです。




ヤムウンセンは辛くとオーダーしたら
火を噴くからさで出てきました。


    〉〉〉2日目へ続く





南国リゾート プーケット&お天気情報

プーケットツアー島風案内人の観光情報ブログ

プーケットツアーしまかぜ案内人のダイビングログブログ

大自然を感じよう、カヌー&カヤック体験

しまかぜ案内人のシュノーケル教室

プーケットツアーしまかぜ案内人のタイランド情報ブログ

プーケットの象乗り(エレファントライド)情報ブログ

ツアー2つ以上で参加無料!パトンナイトブログ

アフターダイブで乾杯!パトンナイト





最大75%オフ!!お得なホテル予約

今がチャンス!!最大75%オフ プーケットのホテル予約

今下チャンス!!最大75%オフ ピピ島のホテル予約
   copyright shimakaze@ all rights reserved