プーケットしまかぜ案内人のシャングリラバンコク4泊5日滞在記 本文へジャンプ
 

プーケットしまかぜ案内人のシャングリラバンコク4泊5日滞在記


ちょっと早い夏休み〜
っということでプーケットから空路で約1時間20分。
天使の住む都、グルンテープ(バンコク)へ4泊5日の休暇旅行です。



雨季のプーケット空港とあり、
空港内はガラガラ。




やっとバンコク上空へ到着です。
チャオプラヤー川が見えます。




久々のドンムアン空港到着です。
なぜか、バスでゲートまで移動です。



久々の空港内は懐かしい、東南アジアの雰囲気が
相変らず漂っていました。
ローコストの航空会社が利用しているため、
今まであった動く歩道はすべて撤去されていました。
なので、空港内を歩いて移動するには大変時間がかかります。




空港の外へ出るとタクシーが待機しています。




リムジンタクシーでホテルまで移動です。




憧れのシャングリラバンコクへ到着です。
今回はシャングリラウィングを利用しました。
ドライバーさんは初めてグルンテープウィングへの送りだったようで、
中々エントランスが見つかりませんでした。
ロビーは3階まで吹き抜けの癒しの空間です。
天井がガラス張りになっています。
レセプションで簡単に受け付けをしたら、
お部屋へ案内されます。




グルンテープウィングは全室リバービューとなっています。
シャングリラではデラックスルームのカテゴリーと
ホライズンクラブと言ってクラブラウンジの利用が含まれているカテゴリー、
さらにグルンテープウィングといって、
グルンテープウィング全体がクラブ利用込のゲストルームとなっています。




お部屋の雰囲気は、
東南アジアの高級ホテル!が良く出ていました。
古めかしいのですが、品があります。




天井にはジャンデリア。
個人的には、この最新でない雰囲気がアジアの良さが出ていると思うんですが・・・



お部屋の写真を撮っていると
バトラーさんがウェルカムドリンクをもってきてくれました。
そう、グルンテープウィングには専属のバトラーも付きます。
バトラー=執事。
何でも対応してくれるとのことですが、
どうも使いなれない存在で、
この滞在でバトラーさんにあったのは
この時だけでした。
バトラーさんがお部屋を一通り案内してくれます。




こちらはウェルカムフルーツ。
毎日補充してくれます。
このサービスも東南アジアならでは。




グルンテープウィングは部屋の広さがシャングリラウィングよりも
若干広いです。
大人二人+子供一人で宿泊するには全く問題ありません。
そして、バルコニー付きなのもうれしい。




バルルームもとても広いです。




トイレと足洗。
シャングリラクアラルンプールのスイートルームで見たもののと同じタイプです。




シャワーはセパレートシャワーです。
レインシャワーでないのが少々残念。




バスタブもゆったりサイズ。
なんと枕があるのがうれしいです。




アメニティーはもちろんロクシタンです。




バスローブもふかふかです。




ポットセットもありますが
朝〜夜21:00までラウンジでもソフトドリンクをいただけます。




お菓子やカップラーメンもあります。




グルンテープウィング特典として、
冷蔵庫内のソフトドリンクもすべて無料です。




残念ながらビールは有料。
ラウンジでのイブニングカクテルタイムの2時間は
ビールやワイン、カクテルなどが無料になります。




こちらはソフトドリンクなので無料となります。




お酒は有料です。




リバーサイドのホテルに泊まる楽しみの一つとして、
やはりこの眺めですよね。
目の前には高級コンドミニアムが建てられていました。




ホテル横にはタクシン大橋があり、
BTSもとおっています。
BTSの駅に近いのもグルンテープウィングとなります。




こちらは3階の吹き抜けから撮影した
ロビーです。
アジアンな雰囲気で好きです。




グルンテープウィング3階は
コンファレンスルームとなっています。
たびたびビジネスユーザーも見かけました。




グルンテープウィングは本当に静かで
驚きです。
ほとんど人を見かけない!



こちらはグルンテープウィングとシャングリラウィングを結ぶ
連絡通路です。
連絡通路にも蘭の花が飾られていたりと
シャングリラな雰囲気が出ています。




途中にはフィットネスルームがあります。




向かった先は
シャンパレス。
バンコクでも有名な本格派中華レストランです。




宿泊者向けのクーポンをいただいたので、
早速ランチの飲茶タイムに行ってみました。




ウェルカムドリンクと、
ウーロン茶。




飲茶のメニューはよくわからないので、
漢字の雰囲気で選びました。
写真があるとうれしいかもしれません。
でも困ったときはこちらの女性スタッフ、ローズさんです。
サービス精神旺盛な彼女にお任せするのが良いかもしれません。




運ばれてきた品々。
海老入りの小籠包。




チャーシュー入りの中華まん。




海老の揚げ春巻き。




クリーム入りの中華まん。




豚のスペアリブ。
黒コショウの味が効いていました。




海老を白身魚で包み蒸した一品。
こちらは絶品。
プーケットでは絶対に食べられない品です。




こちらはチビ向けに頼んだ麺ですが、
チビには少々大人な味過ぎました。
全部で約700Bほど。
プロモーション価格なのでとてもお得でした。
ラッキーです。




ランチ後はお散歩がてら
グルンテープウィングまで戻ります。
こちらはシャングリラウィングのプールです。
とてもおしゃれなプール。




チェアもたくさんあり、
いつでも好きな時に利用できそうです。




プールから上を見上げると、
シャングリラウィングを一望できます。




シャングリラウィング側のコンファレンスルーム。
とっても高級感があります。
結婚式などは主にこちらで開催されているようです。




シャングリラウィングメインロビーにはたくさんの蘭があります。




グルンテープウィングとは違った高級感が出ています。
ビジネスユーザーはこちらのウィングですね。




川沿いを歩いて戻ってきました。
こちらはグルンテープウィング。
シャングリラウィングと違い、とっても落ち着いています。




グルンテープウィング庭園よりチャオプラヤー川の眺めです。
決してきれいな川ではありませんが、なぜか癒される空間の
チャオプラヤー川。



こちらはグルンテープウィング専用プールです。
そうです。グルンテープウィングに宿泊しないと利用できません。
ですので、いつも余裕があります。




グルンテープウィングではプールサイドでもドリンクがいつでも
無料です。
ビーチチェアを取るとすぐにお水とタオルを持ってきてくれます。
ソフトドリンクは頼めば持ってきてくれます。
ただし、あまり積極的に頼むものではない雰囲気です。




グルンテープウィングの朝食会場、クラブラウンジとなる
リバーサイドロビーの外です。
とてもきれいに手入れされている庭園です。




こちらはロビー内。
プライベート感たっぷりなロビーです。




ランチをたっぷりいただいたので、
この日はイブニングカクテルに参加。
もちろんビールも無料です。




おつまみ程度かと思っていましたが、
かなりのボリュームがあります。




チーズ&クラッカー。




キッシュやカナッペ。
タイ風つみれにポーク煮込みまであります。




大人な雰囲気が漂っています。




カクテルタイムですが、
デザートもたくさん。
チョコレートもおいしかったです。




ティラミスにマンゴープリンも。




とても楽しいひと時でした。
チャオプラヤー川の夕暮れも素敵です。




お腹いっぱいになったものの、
チビはまだ元気なので、
ちょこっと散歩。
ホテルのサムローでシャングリラウィングまで送ってもらいます。




ロビーラウンジに到着。




こちらは有料ですが、お茶をいただきました。
ロビーラウンジからのチャオプラヤー川の眺めもこれまた素敵です。




ちびはラウンジでお子様メニューのラーメンをオーダー。
喜んでいました。




こちらが夜のチャオプラヤー川。




バンコクのオアシスって言葉がぴったりです。




お部屋に戻ると、
グルンテープウィングマネージャーさんから素敵なプレゼントが!
マネージャーさん直筆のカード付です。




お部屋からの眺めです。
タクシン大橋はいつも渋滞。
バンコクは眠らぬ街ですね。


〉〉〉2日目に続く




南国リゾート プーケット&お天気情報

プーケットツアー島風案内人の観光情報ブログ

プーケットツアーしまかぜ案内人のダイビングログブログ

大自然を感じよう、カヌー&カヤック体験

しまかぜ案内人のシュノーケル教室

プーケットツアーしまかぜ案内人のタイランド情報ブログ

プーケットの象乗り(エレファントライド)情報ブログ

ツアー2つ以上で参加無料!パトンナイトブログ

アフターダイブで乾杯!パトンナイト





最大75%オフ!!お得なホテル予約

今がチャンス!!最大75%オフ プーケットのホテル予約

今下チャンス!!最大75%オフ ピピ島のホテル予約
   copyright shimakaze@ all rights reserved